月経困難症プラノバール

月経困難症のためプラノバールを服用しました。

私は41歳、女性、事務職です。

 

生理痛がひどくて病院へ行った時に、プラノバールを処方してもらいました。

 

以前友人がプラノバールを飲んでいると言っていたことを思い出し、確か生理日をコントロールする薬だったような気がしたんですよね。

 

私の場合、日常生活に支障がでるほど生理痛がひどいため月経困難症と言われたのですが、月経困難症でもプラノバールという薬を飲むことがあるんだなと初めて知りました。

 

今回生理痛で仕事を休んでしまうことが数ヶ月間続いたので、初めて婦人科へ行ったのですが、こういう薬は初めてだったので少し不安がありました。

 

なかなか婦人科へ行く機会なんてありませんし、もともと病院がすごく苦手なんです。

 

でも痛みに耐えられず、怖い病気だったらどうしようという思いもありついに行くことにしました。

 

生理になると動けないほどお腹が痛くなりますし、本当に辛くて悩んだ結果病院へ来たのですが、プラノバールを飲むことで排卵を止めることができ、卵巣や子宮を休めることで生理を軽くすることができるとお医者さんから教えてもらいホっとしました。

 

私のような月経困難症以外にも、生理不順や無月経、体外受精などの不妊治療にも用いられていることを知り便利な薬なんだなと思いましたね。

 

実はサプリメントや薬を飲むのが苦手なんです。

 

喉に引っかかってしまうことが多いのですが、プラノバールは飲みやすいですし飲む粒の数が少ないので安心しました。

 

プラノバールが自分にあっていたのか、生理痛にすごく悩まされることはなくなり、生理痛のせいで会社を休むことがなくなったことが本当に嬉しいです。

 

やはり生理痛で会社を休むなんてなかなか上司に言えませんし、この先どうしようととても不安だったんです。

 

会社の人たちに迷惑をかけてしまうなら、会社を辞めるしかないかもしれないと追い詰められていたのですが、プラノバールに救われましたね。

 

昔から生理痛のせいでずっと辛い思いをしていましたが、もっと早く婦人科へ行きプラノバールをもらえば良かったなぁと思いました。

 

プラノバールは薬なので、一応副作用の心配もあるという話をお医者さんから聞いたのですが、特に副作用だと思われるような症状が今のところありませんし、良かったなと思いました。

 

プラノバールを飲むのをやめてしまったら、またひどい生理痛で苦しむかもしれないと思うと怖くて飲むことをやめられません。

 

まぁ、副作用はありませんし、飲むことをやめなくても良いと思っています。

このページの先頭へ戻る